menu
ごあいさつ
私たちは夢を与えます。夢、それは実現するものです。

中村キース・ヘリング美術館館長  中村和男

メッセージムービーを見る
中村キース・ヘリング美術館館長  中村和男
キース・ヘリングとの出会い
1987年12月28日。それは私にとってキース・ヘリングの作品との出会いの日です。
米国出張中に、NYのギャラリーで出会った「ピープルズラダー」は、それこそ漫画的で、それでいて何か私に訴えるものがありました。この漫画的な絵(リトグラフ)が何故こんなに値段が高いのか。そのような想いで、帰国間際まで、買うことの決心がつきませんでした。
そして帰国前日、思い切って買ったのです。キース・ヘリングの作品、そこにはシンプルで何とも言えないヒューマニティーとエネルギーを 感じました。それから、私のキース・ヘリングのコレクションが始まりました。悩みながら、時には戦いながら、いずれも興奮して集めた作品です。
「光と影」、~混沌から希望へ~
Nakamura Keith Haring Collection(中村キースヘリング美術館)は、「キース・ヘリングの世界~混沌から希望へ~」をテーマに、キース・ヘリングのコレクションのみを展示する、世界で初めての美術館です。
日本がバブルに沸いていた1980年代、アメリカではインフレの激化、失業率の増加、経済の混乱とともに、大都市では治安が悪化し、 犯罪の多発がクローズアップされていました。1980年代アメリカの「光と影」を背景に、キース・ヘリングは10年余りという短い期間に精力的な 創作活動を行いました。彼は、世相を反映するかのように「未来への希望と夢」を表現しながらも、一方では「人間の持つ狂気」などを 表した作品も多く、やはり「光と影」両方の側面の作品を残しています。
当美術館はキース・ヘリングの貴重な作品を展示することを目的としているだけでなく、彼が発したメッセージを体感していただけるよう、 建築家 北川原温の設計により、「光と影」を表現した空間を創出しています。作品をご覧いただくと同時に、空間体験を通じてキースの 考えたことや人生、そして彼が駆け抜けた時代について想いをめぐらせ、来館される皆さんに「希望」と「夢」というエネルギーを感受して いただきたいと考えています。
大自然のエネルギーと純粋な感性が向き合う場
小淵沢は八ヶ岳の裾野に位置し、緑溢れる自然環境に包まれ、かつては縄文文化が隆盛を極めた場所です。また、日本で最も日照時間が長く、 標高1000mの気候は、生命を育む母胎の環境と似ているといわれています。
キース・ヘリングの作品は他民族大都市であるニューヨークというひとつのカオスから生み出されたポップ・アートであり、自然や緑といった 言葉とはかけ離れた作品群ですが、大都市が生み出す無数の「生」のエネルギーと、八ヶ岳の自然が宿すエネルギーや縄文時代の遺構が発する 生命力に通底する力強さと純粋な感性が向き合う場として、この地が選ばれました。
エネルギーの交流の場として、そして心を開放する場として、当美術館を創造してゆきます。
メッセージムービー

撮影 : Jacques De Melo
編集:Kipjaz Savoie

このムービーをご覧頂くには、最新のAdobe FlashPlayerが必要となります。下記のバナーをクリックし、最新のプレーヤーをインストールした上でご覧ください。

Get ADOBE FLASH PLAYER