受賞作品紹介 Winning Works|アートクリティック賞 Art Critic Awards

2019/10/21|

アートクリティック賞 Art Critic Awards

梁瀬 薫 Kaoru Yanase

(美術評論家、当館顧問

Senior Advisor of Nakamura Keith Haring Collection / Art Critic)

 

 

部門1 Division I

ありのす (Ant’s Nest)

古谷 惟人 Tadahito Furutani(東京都/Tokyo, Japan)

       

地下に作られたアリの基地。大変よく観察しています。地下組織でもぞもぞ動くアリが良く描かれています。アリの足に「レ」を使ったのは名案です。画面にリズムが生まれています。土の色と地面の上の空と緑のコントラストもきれいです。

Underground ant fortress. Very well observed. The moving ants underground are drawn. Such a good idea to use the katakana letter as their legs. A surface full of rhythm. The contrast between the earth, ground, sky and green is beautiful.

 

 

部門2 Division II

Moving Eras (動く時代)

Kivithi Lithaya Gardihewa(スリランカ/Sri Lanka)

テーマの「動き」を大きな時間軸で捉えています。赤い壁に描かれた線からはラスコー洞窟の壁画を想起させますが、なによりも人物の描写とクレヨンの使い方が個性的です。混じり気のない赤と黄色で画面をカーブさせて作られた空間が時の流れを感じさせます。

The theme of movement is captured by the grandness of time. The lines drawn on the red wall reminds me of the Lascaux Cave, but most importantly, the depiction of the figures and use of crayons are unique. The pureness of red and yellow, curving the space on the surface, gives me a sense of time.

 

 

部門3 Division III

MOOD (気分)

Wing Ki Lo(香港/Hong Kong)

       

まさに感情の動きが手にとって見える絵。唸り声がよく描写されています。細部にこだわらず、体の動きだけで構成された画面も素晴らしい。

The movement of emotions is apparent in this work. The groaning is well portrayed. It is wonderful that she did not focus on details and filled up the paper with just the body movements.

OPEN