ワークショップ<自分のなまえをアムハラ語でかいてみよう!>を開催しました

2017/12/3|

11月26日(日)に行われたワークショップの様子をご紹介いたします。

 

今回は、エチオピア出身のアーティスト、ワセニさんによる

エチオピアの主要言語「アムハラ語」を使ったワークショップです。

イベント概要:自分のなまえをアムハラ語でかいてみよう!

 

ワークショップには、各国の子どもたちがこの日のために小淵沢に集まってくれました。

まずは、自分がどこから来たのか世界地図にピンを立てて発表しました。

「美しい地図ですね」とワセニさんが話しています。

 

それから、ワセニさんがアムハラ語について説明します。

文字のカタチをいかしながら、絵をかく方法を教えてくれました。

参加者のみなさんも自分のなまえに入っている文字をえらんで、大きな紙の上に描いていきます。

みんなそれぞれ自由に、のびのびと、ある時は集中して、じっくりと、どんどん紙をうめていきます。

ワセニさんが仕上げを行います。

みなさんが描いた絵と絵の間を縫うように線を描きはじめました。

みなさんも仕上げを手伝います。

最後に、それぞれサインを書きます。

作品が出来上がりました!

カラフルでとても素敵な作品になりました。

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!

 

ーーー

当館では、現在ワセニさんの作品をご紹介する展覧会を行なっています。

ワードプレイ|ワセニ・ウォルケ・コスロフ

ー言の葉の戯れーエチオピアのアーティスト ワセニの世界

2017年11月23日(木・祝)-  2018年1月31日(水)

展覧会について

OPEN