キース・ヘリング Keith Haring

(米国ペンシルヴァニア州出身。1958年−1990年)

キース・ヘリングは、アンディー・ウォーホルやバスキアなどと同様に、1980年代のアメリカ美術を代表するアーティストです。80年代初頭にニューヨークの地下鉄で、黒い紙が貼られた使用されていない広告板を使った通称サブウェイドローイングというグラフィティー・アートを始めました。そのコミカルで誰もが楽しめる落書きは、地下鉄の通勤客の間で評判となり、一躍キースの名を広めることになりました。
1980年から86年の間には、次々と展覧会が開催され、国際的にも高く評価されました。ニューヨークのタイムズ・スクエアのビルボードのアニメーションから、舞台デザイン、キースのグッズを販売するポップ・ショップをオープンするなど、制作活動は多岐に及びます。また世界中で壁画を制作したり、ワークショップなども開催し、社会的なプロジェクトも数多く手がけました。日本でも展覧会やワークショップの開催や、ポップショップも展開されました。
1988年にはHIV感染と診断され、その翌年に財団を設立しました。1990年31歳で亡くなるまで、アート活動を通してHIV/AIDS予防啓発運動にも最後まで積極的に関わりました。

キース・ヘリングの生涯

  • 1958

    5月4日アメリカ、ペンシルベニア州出身

  • 1978

    ニューヨークにうつりスクール・オブ・ビジュアル・アーツに入学。

  • 1980

    ニューヨークの地下鉄構内の広告板にチョークで描く「サブウェイ・ドローイング」を開始。

  • 1981

    ウェストベス画廊で初個展

  • 1982

    ソーホーの大手画廊トニー・シャフラジでデビュー。
    ドイツの国際展ドクメンタ参加

  • 1983

    初来日。ホイットニー・ビエンナーレ出展。

  • 1984

    ヴェネチア・ビエンナーレ出展。
    オーストラリア、ブラジルなど世界各地での壁画制作開始。
    パラダイス・ガラージ個展。

  • 1985

    パリ・ビエンナーレ出展。
    現代美術老舗画廊レオ・キャステリにて個展。

  • 1986

    ソーホーにポップショップ開店。

  • 1987

    ニューヨーク、「アート・アゲインスト・エイズ」に出品。
    東京多摩市のパルテノン多摩で約500人の子供達と壁画を制作

  • 1988

    東京にポップショップ・トーキョー開店。
    エイズと診断。

  • 1989

    キースへリング財団設立。

  • 1990

    2月16日グリニッジヴィレッジのアパートで死去。
    31歳。
    5月4日ニューヨークのセント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂にて追悼式。

OPEN