受賞作品 Winning Artworks | アートクリティック賞 Art Critic Awards

2020/10/21|

第12回中村キース・ヘリング美術館 国際児童絵画コンクール受賞作品

The 12th Nakamura Keith Haring Collection International Children’s Drawing Contest

Winning Artworks

アートクリティック賞 Art Critic Awards

審査員 Judge

梁瀬 薫
Kaoru Yanase
中村キース・ヘリング美術館顧問/国際美術評論家連盟米国支部
Senior Advisor of Nakamura Keith Haring Collection/Art Critic AICA-USA Board Member

 

部門① Division I

ぼくとおかあさんのあいのはぐ A Loving Hug of Me and My Mom

豊島 結 Yu Toyoshima(福島 Fukushima, Japan)

【審査員コメント】

「しっかりとつながっている」という熱い思いが瞬時に目に飛び込んできました。二人の顔の表情も力強く、色もしっかり画面に乗っています。シンプルですが心を揺さぶられました。

The love shown in “being firmly connected” instantly jumped into my eyes. The facial expressions of the two are powerful, and the colors are shown firmly on the work. It’s simple, but it touched my heart.

 

部門② Division Ⅱ

Music Connecting the Soul of Nature 自然の魂を結びつける音楽

Lau You Gi(香港 HongKong)

【審査員コメント】

熟練された作品に驚きました。青のグラデーション、コンポジションとも見事です。小さな作品のなかに独特な世界がよく描写されています。個性的な音楽家たちが奏でる音がバックグラウンドのタイルに反射し、音色が不思議に変化し続けています。

I was surprised at the skillful work. Both the blue gradation and the composition are splendid. The sounds created by the distinct musicians are reflected on the tiles in the background. We can almost hear the warping notes.

部門③ Division Ⅲ

きずな Kinship

藤戸 創真 Soma Fujito(香川 Kagawa, Japan)

【審査員コメント】

作品を構成するコンセプト自体と全体の色調が素晴らしい。どの顔もユーモラスでそれぞれの個性や異なる性格が浮き彫りにされています。人のくすんだ肌の色とドットの明るい色のコントラストもさることながら、ドットが人々の声や生命を包含するかのよう。

The concept itself and the overall color tone that make up the work are wonderful. Each face is humorous and highlights the individuality and different personalities. Not only the contrast between the dull skin color of the humans and the light color of the dots, but also as if the dots were embracing people’s voices and lives.

OPEN