【展覧会情報】Keith Haring: Into 2025 誰がそれをのぞむのか

2024/3/27|

中村キース・ヘリング美術館(山梨県・小淵沢)は、来年戦後80年を迎える今、キース・ヘリングの反戦・反核を訴える取り組みを辿り、作品に込められた「平和」と「自由」へのメッセージを、改めて現代の視点から紐解く展覧会「Keith Haring: Into 2025 誰がそれをのぞむのか」(期間:2024年6月1日[土]から2025年5月18日[日])を開催します。

1980年代のアメリカ美術を代表するアーティスト、キース・ヘリング(1958-1990)は、明るく軽快な作風で知られる一方、彼の作品の根底には社会を鋭く洞察する眼差しがありました。ヘリングは、時にユーモラスに、時に辛辣に社会を描写し、平和や自由へのメッセージを送り続けました。

 

本展の副題は、ヘリングが広島平和記念資料館を訪れた際に日記に残した「誰が再び望むのだろうか?誰に対して?(原文:Who could ever want this to happen again? To anyone?)」という言葉に着想を得ています。一瞬で街を焼け野原にした原子爆弾。今なお世界には1万2000にのぼる核弾頭が存在し、絶え間なく戦争が続くなか、来年には第二次世界大戦の終結から80年の節目を迎えようとしています。本展は、ヘリングの眼差しを通して世界が抱える課題に向き合い、現代における「平和」や「自由」の意味について考えることを目的としています。

 

 

展覧会3つの見どころ

1. 反戦・反核を訴える作品群

1980年代、激化する冷戦を背景に、世界はかつてない数の核を保有していました。ヘリングは、アートを媒体に多様な手法で社会に向けて反戦・反核のメッセージを投げかけました。ニューヨークで行われた史上最大規模といわれる反核デモのために制作し、セントラルパークで無料配布を行った「核放棄のためのポスター」(1982年)、チェックポイント・チャーリー博物館の依頼を受けベルリンの壁に描いた壁画(1986年)のドキュメント写真、ウィリアム・S・バロウズ(1914-1997)の10篇の詩に併せてヘリングが混沌とした世界を描き出した版画シリーズ《アポカリプス》(1988年)といった作品群からは、核の脅威にさらされる一人の若者の恐怖が垣間見えると同時に、不安や絶望に抗い未来への警告を試みたアーティストの姿が伺えます。

2. 平和・自由へのメッセージ

ヘリングが生涯一貫して希求した「平和」と「自由」という主題には、アメリカの歴史や80年代当時の世界情勢が色濃く反映されています。本展では、1987年に東京都多摩市の複合文化施設「パルテノン多摩」の開館に際して招聘されたヘリングが、500人の子どもたちと制作した《平和Ⅰ-Ⅳ》、《マイ・タウン》、《サウンド・ツリー》など、子どもたちのために制作された数々の作品を通して、制作から40年近くの年月が過ぎようとする現在から、これらの作品に込められたメッセージについて考えます。

 

3. キース・ヘリングと広島

1988年、ヘリングは、広島で行われた原爆養護ホーム建設のためのチャリティコンサート「HIROSHIMA ’88」のメインイメージを手がけたことをきっかけに、広島を訪れました。原爆ドームや広島平和記念資料館へ足を運び、戦争の惨さを目の当たりにしたヘリングは、平和への思いを形にすべく壁画制作を申し出ました。しかし、このプロジェクトは実現することがありませんでした。本展では、調査のなされてこなかったヘリングの広島訪問の経緯を辿り、その足跡を紹介します。

展覧会名 Keith Haring: Into 2025 誰がそれをのぞむのか
会期 2024年6月1日(土)ー 2025年5月18日(日)
会場 中村キース・ヘリング美術館 408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10249-7
開館時間 9:00-17:00(最終入館16:30)
休館日
  • 定期休館日なし
  • 冬季休館:2025年2月3日(月)ー 2月16日(日)
  • そのほか展示替え・メンテナンス等のため臨時休館する場合があります。
観覧料
  • 大人 1,500円/16歳以上の学生 800円/障がい者手帳をお持ちの方 600円/15歳以下 無料
  • ※各種割引の適用には身分証明書のご提示が必要です。
チケット 美術館のみで販売
主催 中村キース・ヘリング美術館
後援 米国大使館、山梨県、山梨県教育委員会、北杜市、北杜市教育委員会
協力 キース・ヘリング財団、シティキッズ財団、シミックホールディングス株式会社

 

OPEN