2018年の展覧会

「Drawing Social Impact キース・ヘリング:社会に生き続けるアート」

 

Keith Haring Artwork ©︎ Keith Haring Foundation

いつの時代も、アーティストは社会の代弁者だ。アーティストの「言語」は、我々が生きる世界の知覚如何で左右される。アーティストはいつでも「現実」と「理想」の狭間にいる媒体なのだ。-

キース・ヘリング(「キース・ヘリング ジャーナル」より 1984年)

 

中村キース・ヘリング美術館は、2018年2月9(金)から2018年11月11日(日)まで「Drawing Social Impact キース・ヘリング:社会に生き続けるアート」展を開催します。

1987年、20歳でキース・ヘリングは故郷ペンシルバニア州からニューヨークへ渡りました。当時のニューヨークは不況下で暴力や差別が蔓延する反面、ヒップホップやグラフィティなどのストリート・カルチャーが創り出される源泉に溢れていました。その街でカウンターカルチャーに大きな影響を受けたヘリングは、激動するニューヨークで、そして世界中の都市を駆け巡りながら、アートを通し様々なメッセージを生涯発信し続けました。

ヘリングが社会とのコミュニケーションとしてまず初めに着目したのがニューヨークの地下鉄でのサブウェイドローイング制作でした。誰もが使う地下鉄構内の看板は絶好のパブリック・スペースでした。黒い紙が貼られた空き看板に白いチョークで素早く描き上げるグラフィティにはウィットに富んだメッセージがダイレクトに表現されました。その後はポスター・アートにも着目し核放棄や、反アパルトヘイト、エイズ予防、LGBTの認知など社会的な問題にも取り組んだのです。

社会における階級や地位、性別や人種、宗教や文化の違いに関係なく誰もが触れることのできるアートを追求したヘリングの作品は、テロや戦争の耐えない現代社会へ時代を超えてパワフルなメッセージを投げかけ続けています。

本展では、新しく収蔵作品に加わる1990年の作品《オルターピース:キリストの生涯》を初公開します。これは1990年2月16日31歳でエイズにより亡くなる数週間前に完成した最後の作品です。教会の祭壇のためのオルターピースとして現在世界の教会や美術館9箇所に収蔵されていますが、ヘリングの追悼式が行われたニューヨークのセント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂に今も飾られています。死を目前にしたヘリングの平和への願いと希望、そして生命の力が刻まれた永遠の作品です。

 

開催概要

展覧会名 「Drawing Social Impact キース・ヘリング:社会に生き続けるアート」

主  催 中村キース・ヘリング美術館

後  援 アメリカ合衆国大使館、山梨県、山梨県教育委員会、北杜市、北杜市教育委員会

協  力 キース・ヘリング財団、シミックホールディングス株式会社

会  期 2018年2月9日 (金) 〜 2018年11月11日 (日)   ※休館日4月16日 (月)

会  場 中村キース・ヘリング美術館(〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10249-7)

開館時間 午前9:00 ~ 午後5:00

入 館 料 一般1,000円 シニア900円、学生700円、13〜18歳500円

お問合せ TEL: 0551-36-8712 FAX: 0551-36-8713 EMAIL: museum@keith.jp

 

関連情報

<同時開催>

「ワードプレイ|ワセニ・ウォルケ・コスロフー言の葉の戯れ

ーエチオピアのアーティスト ワセニの世界」

会期:2017年11月23日(木・祝)- 2018年4月15日(日)

<関連イベント>

毎週日曜日14時〜 学芸員によるギャラリーツアー(40分程度)

 

これまでの展覧会

OPEN